NEWS

11月28日一夜限りの ミニクショー付き応援上映開催決定!

2019.11.25

涙の応援上映、きっとあなたはカレーが食べたくなる。。。

都内最後の上映か!?

初見の方も楽しめるポイントをミニトークショーでレクチャーいたします!

■開催日:11月28日(木)

■時間:19:00~の回(上映前にミニトークショー)

■登壇者(予定):石毛宏樹(ちび芳狼役)、芦塚慎太郎監督、電人

※登壇者は予告なしに変更する場合がございます。

■会場:新宿バルト9 (東京都新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル9階)

■チケット詳細

通常価格(ムビチケ利用可・夕方割)

URL: https://tjoy.jp/shinjuku_wald9#schedule-content

 

小林家のカレーをご堪能ください!

【メディア露出情報】

2019.10.31

<雑誌>

★11月1日(金)

「CLUSTER」 高杉真宙さんインタビュー

★11月10日(日)

フリーペーパー「もぐもぐ」  高杉真宙さん表紙&中面インタビュー

公開記念舞台挨拶、完全集結!!

2019.10.26

本作で主演を飾る高杉真宙はじめ、佐野 岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎のメインキャスト6名が初めて完全集結!

======

<公開記念舞台挨拶 概要>

■開催日:10月26日(土)

■登壇者(※敬称略):高杉真宙、佐野 岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎、芦塚慎太郎監督

怪人二十面相

■会場:渋谷TOEI

======

 

【オフィシャルレポート】

作家・江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズにインスパイアされた映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』が10月25日、ついに全国公開!翌26日には、東京の渋谷TOEIにて公開記念舞台挨拶が行われ、主演の高杉真宙、佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎、芦塚慎太郎監督、さらに怪人二十面相が参加した。

 

名探偵・明智小五郎の助手だった小林少年のひ孫・小林芳狼(高杉)が、学園に巻き起こる怪事件に対峙していく新感覚の学園ミステリー。

 

撮影以来のメインキャスト集結に高杉は「みんなで揃ってスーツを着たら、同窓会に来たような気分になった」と照れ笑いで「無事公開できて嬉しい」と主演作封切りにシミジミ。佐野も「撮影は2年前。それ以降このメンバーで会うのは試写以来。でもそんな感じもなくて、会ってすぐにあの頃に戻れた」と絆を実感していた。紅一点の堀田は「撮影はずっとワチャワチャで楽しかった。完成披露の時は前田旺志郎君が来られなかったので、今日は全員が揃って安心感があります」とメインキャスト全員との再会を喜んだ。

 

長村は「撮影中は(前田と板垣が)ワチャワチャやっているし、アドリブを放てば返してくれるので安心感があった」と仲の良さを強調。板垣は「撮影中に僕らはふざけていたかもしれないけれど、真宙君は真剣にやっていました。それだけは忘れないでほしい。ぜひそこを観て」と謎のアピール。芦塚監督から「板垣君がふざけていたのか、本気でやっていたのか…わからなかった」といじられると、すかさず高杉が「真面目にふざけていた。そういう役だからね」とフォローしていた。

 

また映画の内容にちなんで“ダークサイドな一面”を披露する企画を実施。すると前田は「真宙君にダークサイドはない!めちゃいい子だから。ホンマにいい子!万が一あったとしても聞きたくない!」と高杉の優しい性格を明かし、板垣も「言わなくていい!あるとしても、可愛いのを聞きたい!」と企画阻止に躍起。この過保護すぎる反応に高杉は「いや、言わせてよ!」と苦笑いも「確かにないな…」と首をかしげて、最後に発言する流れになった。

 

佐野は「俺は腹黒い。それをひた隠しにしている。お前ら全員消えろと思っている。必死なのよ、ダークな部分を隠すのに。この世の役者全員いなくなれと思う!」と場を盛り上げるためにあえてヒールに徹して、キャスト陣から「本当は思っていないだろ!」とツッコまれる一幕も。堀田は「部屋で映画を観るときは真っ暗にして無言」、長村は「ゲームにのめり込み過ぎて、スマホの画面を割った」、板垣は「真夜中に見晴らしのいい公園に行って、気がついたら太陽が昇っていた」、前田は「大学の先輩と同じタイミングでコンビニに入っておごってもらう」とそれぞれが思う自身のダークサイドを発表した。

 

そして最後に残った高杉は「さぼるのが上手い。小さい頃から弟二人に家事をさせて、僕一人だけさぼっているということがあった。しかも“やってますよ感”を出してさぼることができた」と謎の特技告白。それに佐野が「俺はさぼっていたらすぐにばれるけどね」と言うと、高杉は「僕はバレない!」と自信たっぷり。佐野は「そういうタイプなのか…」と高杉の意外な一面に驚いていた。

 

舞台挨拶終盤では、公開日25日に19歳になった板垣のバースデーをサプライズ祝福。怪人二十面相が、自らのビジュアルがデコレーションされたケーキを持って登場すると、板垣は「ケーキに“超・お誕生日おめでとう”と書いてある!嬉しい。こんな素敵な人たちと誕生日を祝ってもらえるのは幸せ」と大喜び。聞かれてもいないのに「え?19歳の抱負ですか?」とノリを見せて「この映画の真宙君が色々な方に届けばいい」と本作のヒットを願っていた。

 

最後に主演の高杉は「みんなが楽しすぎて喋り過ぎてしまう」と笑顔で「映画は、公開されて色々な人に観て知ってもらって初めて作品になります。そして原案である『少年探偵団』シリーズも色々な人に知ってもらいたい」とアピール。芦塚監督は来月に横浜で応援上映があることに触れて「何度も映画を観てもらって、応援しに来てください」と作品の広がりに期待を込めた。

 

 

初の応援上映が決定!!

2019.10.26

この度、「超・少年探偵団NEO-Beginning-」の応援上映が決定しました!

応援上映を楽しむ為のポイントをチェックして”ショウネオ応援上映”に挑もう!

ポイント壱

☆掛け声、ツッコミ、声援、絶叫等声出しオールOK!!

普段は静かに見なければいけない映画館もこの日だけはどんなに騒いでも怒られない!むしろ騒いでなんぼ!
自分の推しキャラを精一杯応援して会場全体を盛り上げよう!
どのシーンで盛り上げるかはあなた次第です!
ただし、立ち上がったり、前の席を蹴ったり等の暴れる行為は禁止です。その衝動は全て応援にぶつけよう!

 

ポイント弐

☆サイリウム、ペンライト、ブラッグの持ち込みもOK!

普段は持ち込み NGのサイリウムやペンライトも応援上映ならば持ち込みOK!
むしろこれが無ければ始まらない!と言っても過言ではないぐらいの必需品。
推しキャラのテーマカラーに合わせて応援しよう!

芳狼:レッド ワタリ:ブルー 小夜:ピンク ミステリー同好会:グリーン

怪人二十面相:パープル

 

ポイント参

☆自分自身の応援ポイントを復習しておこう!

名セリフ、名シーンを事前に映画館でチェックして当日に臨もう!
事前に発声練習しておくと尚楽しめるはず。

 

ポイント四

☆恥ずかしさは忘れて自分を解き放とう!

応援上映の楽しみ方は人それぞれですが、とにかく楽しむ!これが重要です!!
悔いの内容精一杯応援して、一緒に盛り上がって楽しもう!

 

おまけポイント

☆上映後の復習もお忘れなく

応援上映後は「#ショウネオ応援上映」を付けてツイッターにUPしよう。
そして、次の応援上映に備えてもう一度劇場で映画を見て復習だ!
※他のお客様のご迷惑になるようなサイズ(座席サイズを超える600mm以上)のものを持ち込むと危険です。
さらに火器の持ち込みも厳禁です。
最低限のマナーとルールを守って思いっきり応援を楽しみましょう!
<応援上映の注意事項>
※本上映は、声出し、合いの手OK!サイリウムやペンライト持ち込みOK!の応援上映となります。
通常の上映とは異なりますので、購入・観賞の際はご注意ください。
※コスプレOKです!ただ、周りや後方のお客様の視界を遮らないようご遠慮お願い致します。

<禁止事項>飲食のお持ち込み(映画館のルールに則ってご鑑賞ください)
・撮影・録音といった記録行為は禁止です。
・火気厳禁迷惑行為
※作品や登場人物やキャスト等への誹謗中傷、そのほか暴言や過度な絶叫などはご遠慮いただき、周りのお客様へ十分にご配慮ください。
・劇場内での着替え
※ 劇場内にお着替え用スペースはございません。劇場内(トイレなど)でのお着替えはご遠慮ください。

 

<チケット販売&詳細>

チケットはこちらから

10/25(金)24:00(=10/26(土) 0:00)からWEB先行販売(KINEZO/キネパス)

10/27(日)劇場オープン時(am8:00)~劇場販売(窓口/自動発券機)

 

大好評につき追加舞台挨拶決定!さらに初の応援上映も!

2019.10.26

大好評につき追加舞台挨拶とさらに初の応援上映が決定しました!

■11/4(月・祝)  横浜ブルク13
【舞台挨拶付き上映】

11:20の回上映終了後

【舞台挨拶&応援上映】

14:00の回上映前

【登壇】

高杉真宙、佐野岳、丸山智己、芦塚慎太郎監督、※スペシャルゲストが登場!

【料金】

通常料金

※ムビチケ、各種割引券使用可

<チケット販売> http://kinezo.jp/pc/burg13

10/25(金)24:00(=10/26(土) 0:00)からWEB先行販売(KINEZO/キネパス)

10/27(日)劇場オープン時(am8:00)~劇場販売(窓口/自動発券機)

※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

※全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。

※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

京都国際映画祭2019特別招待作品 舞台挨拶付き上映レポート

2019.10.25

京都国際映画祭2019に特別招待作品として10月18日(金)にTOHOシネマズ二条にて佐野岳、芦塚慎太郎監督、怪人二十面相登壇の舞台挨拶付き上映が実施されました!

================

<京都国際映画祭2019特別招待作品 舞台挨拶付き上映 概要>

【日時】 10月18日 (金)

【場所】TOHOシネマズ二条

【登壇者】(※敬称略)佐野岳、芦塚慎太郎監督、怪人二十面相

================

<イベントレポート>

会場に呼び込まれた3人のうち、ワタリ役の佐野岳のみしか登場しないという予期せぬハプニングで舞台挨拶がスタート。

佐野が一人で繋いでいると芦塚監督と怪人二十面相が遅れて登場。「エレベーターに乗り遅れました」と芦塚監督。予期せぬハプニングがあったものの、無事舞台挨拶がスタートした。

始めに、佐野が原案の小説について聞かれ「実はあまり馴染みが無かったんですが、今回、超とかNEOとか付いてるものなので原案にリスペクトを込めて超えていきたいなと思って臨みました」と熱いコメント。

対する芦塚監督は「子供の時に読んではいたんですがほとんど内容とかは覚えてなくて。この映画を作ろうってなった時にまた読み直して、そしたら結構ムチャクチャな話だったのでそのムチャクチャな感じを継承しようと思って作りました」とコメント。

続いて撮影時のエピソードを聞かれ「監督が全然カットをかけないのがすごい印象的でした」と言う佐野。

すると芦塚監督が「要するに台本の芝居が終わってもそのままカットかけなかったんですよ」と言うと佐野が「だから役者陣は、あれ?カットかからないって事はやれって事か?とアドリブでそのまま続けるみたいな事があって。でもそれは監督が生の学生生活みたいなのを求めてそうしていたのかなと思います。だからだいぶ泳がされてます(笑)」と裏話を披露。MC含め会場のお客さんも「へぇ」と感嘆の声を漏らした。

その泳がせたシーンで実際に使った所を問われた芦塚監督は「エンドロールの最後に流れる学食のシーンは台本にはありませんでした。役を演じてはいますが彼らのリアルな関係性みたいなものが出てると思います」と答えた。

さらに本作の制作にあたり苦労した点を聞かれた芦塚監督は「2016年に企画が立ち上がり、2017年に撮影して2019年に完成したっていう、単純に出来上がるまでに3年もかかったということですかね。キャストの板垣(瑞生)くんや前田(旺志郎)くんは撮影当時高校1年生でしたが、今はもう高校を卒業していますから、そう考えるとそれだけの時間が経過したんだなと思います」と述懐。続けて佐野が「撮影が2年前ですから、今見るのが恥ずかしいです」と苦笑い。

そして最後に、MCに撮影時の思い出のコメントを求められた怪人二十面相は、芦塚監督に何やら耳打ち。「(撮影は)暑かったと言ってます」と芦塚監督が答えると会場が笑いに包まれ、京都国際映画祭2019の舞台挨拶は幕を閉じた。

おまけの一枚

【メディア露出】※熊本情報

2019.10.24

★RKK熊本放送

『ぱじゃまでシネマ』

10月24日(木)深夜1時28分〜

出演:佐野岳、堀田真由、芦塚慎太郎監督

 

★熊本日日新聞

10月31日(木)芸能面(予定)

インタビュー:佐野岳、堀田真由、芦塚慎太郎監督

 

★TKUテレビ熊本

『若っ人ランド』

11月2日(土)夕方4時30分〜 (再)11月4日(月)1時25分~

出演:佐野岳、堀田真由、芦塚慎太郎監督

TOHOシネマズ熊本サクラマチ 舞台挨拶付き特別先行上映会レポート

2019.10.24

10月14日(月・祝)にTOHOシネマズ熊本サクラマチにて佐野岳、堀田真由、芦塚慎太郎監督登壇の舞台挨拶付き特別先行上映が実施されました

================

<特別先行上映会舞台挨拶 in 熊本 概要>

【日時】 10月14日 (月・祝)

【場所】TOHOシネマズ熊本サクラマチ

【登壇者】(※敬称略)佐野岳、堀田真由、芦塚慎太郎監督

================

<イベントレポート>

会場が大きな拍手に包まれるなか、先行上映会の舞台挨拶がスタート。

始めに、ワタリ役の佐野岳が熊本についての印象を聞かれ「実は熊本は3、4回来た事があって。グリーンランド(熊本にある遊園地)にもお邪魔させてもらったり」と熊本と何かと縁深かった佐野。

「楽しみにしているのは馬刺し!馬刺しは絶対食べたい」と芦塚監督の方を見て「宜しくお願いします」と馬刺しをおねだり。芦塚監督は「食べさせます!」と夕食の馬刺しを快く快諾。すると堀田も「私も馬刺しが食べたいです」と監督におねだり。芦塚監督はまたしても「食べさせます!」と二人分の馬刺しを請負うことに。

そして、この日は上映終了後の舞台挨拶ということでもう一度見たくなる裏話を3人がそれぞれ話すことに。

まず先陣を切ったのは芦塚監督。「実は1シーンだけ僕も出ててます」と言うと佐野と堀田が「え?どこですか?」と驚いた様子。

会場でお客さんに分かった人のアンケートを取るとチラホラと手が上がり、思ってたよりも多かった、と芦塚監督。

佐野は「もう一回見て探します!」とリピーターを約束した。

佐野は学食のシーンで、高杉演じる芳狼の食べているうどんから何をつまみ食いしたかわかる人という呼び掛けに客席から「〇〇!」と正解が飛び出したが、「どうだったかなぁ。是非もう一度見て確かめてください!」と上手に映画のリピートへと誘導した。

堀田も佐野に負けじと私が学食で食べていたものはなんだったでしょうかと呼びかけると「〇〇!」とこれまた正解が飛び出し、堀田は思わず「正解!」と言ってしまい佐野から「正解って言ったらダメじゃん。そこはもう一回見て正解かどうか確認してって言わなきゃ」とツッコミを受け会場から笑いが漏れた。

最後に佐野が「家族や友人やカップルで見ても楽しめる映画だと思うのでぜひ、たくさんの人に見てもらいたいと思っています。登場人物それぞれが不器用ながらも前に少しづづ進んでいく映画になっているので見た人の背中を少しでも押してあげれたら嬉しいです」と締めた。

芦塚監督の地元という事もあり、お客さんとのやりとりも弾み、終始和やかなムードのまま舞台挨拶は終了した。

先着入場プレゼント決定!!

2019.10.23

劇場にご来場いただいた皆さんへの入場プレゼントも決定いたしました。

豪華キャストのオリジナルポストカードを各劇場で配布いたします。

 

【入場者プレゼント 概要】

  • 実施期間:各上映劇場の初日~

※配布数がなくなり次第終了/※一部の劇場は除く

  • プレゼント:オリジナルポストカード 1名様1枚

※ランダム配布となりますので、種類を指定することはできません。あらかじめご了承ください。

神谷浩史、声の出演によるマナームービーが限定上映!!

2019.10.23

10月25日(金)に初日を迎え、初日から3日間限定で、

怪人二十面相による特別マナームービーが上映されることが決定いたしました。

 

怪人二十面相の声を担当するのは、劇中と同じく神谷浩史さん。

 

この機会でしか二度と見られないレアな映像は、是非劇場でご覧ください。

【怪人二十面相(声・神谷浩史)マナームービー概要】

  • 上映期間:各上映劇場の初日から3日間限定
  • 上映劇場にて ※一部の劇場は除く